症例紹介|福岡市博多区博多駅前【インプラント】デンタルチームジャパン

症例紹介|福岡市博多区博多駅前【インプラント】

CASES

症例紹介

インプラント治療におけるリスクや副作用の詳細説明については、本ページ下部をご参照ください。

前歯部欠損症例

前歯は見た目が重要です。

前歯によってお顔の印象がまったく違ってきます。
前歯をインプラント治療で綺麗に仕上げるためには、以下のような事が重要です。

  • ・正しい位置にインプラントを埋入する
  • ・インプラント周囲の歯肉を整える
  • ・色、形が周囲の歯と調和した人工歯をつくる

CASE 01

初診時
治療終了時

虫歯のため歯を失った方です。となりの歯が健康な状態でしたので、となりの歯を守るためにもインプラント治療による修復が最適だと考えます。治療終了後のメインテナンスも良好で、周囲の歯の状態はむしろ初診時よりも綺麗になっています。

CASE 02

初診時
治療終了時

右上前歯にインプラント治療を行い、上下前歯の不正な歯並びを正常咬合に戻した症例です。

臼歯部欠損症例

臼歯はとても大きな力がかかる部分なので
正しい位置にインプラントを埋入することが重要です。

臼歯はとても大きな力がかかる部分なので正しい位置にインプラントを埋入することが重要です。
また、インプラント周囲の歯肉をコントロールすることにより
食べ物がつまりにくい仕上がりになります。

CASE 01

初診時
治療終了時

重度の歯周病により、上前歯から左上臼歯にかけてひどい動揺があった歯牙を抜去し、インプラント治療を行い機能的・審美的回復を図りました。

CASE 02

初診時
治療終了時

右上小臼歯が欠損し機能的・審美的回復を希望されていました。インプラントを1本埋入し、その上に審美性を考慮してセラミックを装着しました。

CASE 03

初診時
治療終了時

右上小臼歯が1本欠損し、やや欠損部の幅が狭い症例です。インプラントサイズを吟味し、審美的にも満足のいく形としました。

CASE 04

初診時
治療終了時

左下奥歯が欠損し、欠損部の幅がやや広い症例です。太めのインプラントを埋入し、咬合力にみあったセラミックを装着しました。

CASE 05

初診時
治療終了時

左下奥歯が1本欠損した症例です。インプラントを1本埋入し、上下の咬み合わせのバランスをとってセラミックをインプラントに装着しました。

CASE 06

初診時
治療終了時

下顎臼歯部3歯欠損をインプラント3本で修復しました。人工歯を連結せずに修復できたため自分の歯に近い状態になり清掃性が良好です。

全顎的インプラント治療

全顎的インプラント治療は難度が高い治療です

正しい位置に、バランス良く、正しい角度でインプラントを埋入することが重要です。骨や歯肉がやせてしまっている場合は再生治療を併用する必要があります。 極度に歯肉がやせている場合は人工歯肉を使って見た目を回復することもあります。また、長期的にメインテナンスを行う為にスクリュー固定式上部構造にすることが理想的です。

CASE 01

初診時
治療終了時

上顎は状態が悪い歯を抜いて全ての歯をインプラントで修復しました。 下顎は両側奥歯をインプラントで修復しました。 骨の状態が良かったため上下とも即時荷重治療(手術と同時に歯をつくる方法)を行いました。

CASE 02

初診時
治療終了時

上下とも状態が悪い歯を抜歯してインプラント治療を行いました。全てのインプラントをバランス良く理想的な位置に埋入することができました。歯の色、形、歯並び、噛み合わせは仮歯を使いながら患者様と理想的な状態に仕上げていきます。現在では何でも食べられるようになったそうです。

全顎的インプラント治療

All - on - 4

All-on-4はポルトガルのPaulo Maloによって提唱された方法で、無歯顎に対し4本のインプラントをつかって固定性の上部構造を支える方法です。上顎洞・下歯槽神経を避けるために後方のインプラントは斜め30度に埋入する のが特徴です。日本口腔インプラント学会の治療指針では、無歯顎に固定性上部構造を装着するためには6~8本以上のインプラントを推奨していますが、顎骨や咬合力などの条件が整えばこの方法を用いることができます。

CASE 01

初診時
治療終了時

上顎はAll-on-4 + 2本で6本のインプラントで全ての歯を修復しました。下顎はAll-on-4で修復しました。上顎は骨が軟らかいため、6本以上のインプラントを用いる方が理想的とされています。

CASE 02

初診時
治療終了時

下顎はAll-on-4を用いましたが上顎は7本のインプラントを用い修復をおこないました。インプラントの数が多い方がより理想的な形態に修復可能です。

■インプラント治療におけるリスクや副作用の詳細説明■

一般的にインプラント治療には以下のようなリスクがあります。その有無や程度は、症状や個人差によって異なります。
  • 外科手術
    インプラント埋入は侵襲の差こそあれ、いずれも外科手術が必要となります。口腔や顎骨に関わる外科手術によって以下①~③が生じるリスクがあります。①神経の圧迫や損傷による麻痺。②血管損傷による多量出血。③術後の腫れと内出血によるあざ。腫れやあざは、多くの場合時間の経過とともにひいていきます。もし痛みがある場合は、鎮痛剤などの処方を行います。なるべく低侵襲な治療法を選択することで、負担の少ない治療を行います。神経損傷などのリスクを回避するために、当院ではCT撮影による精密診断で神経や血管の位置をより正確に把握し、治療計画を立てています。
  • 顎骨・歯周組織の影響
    患者さまの顎骨や歯周組織の状態によっては、インプラント埋入ができない場合があります。また埋入した場合でも、治療後の成功率や予後に差が生じます。もし顎骨や歯周組織が吸収、退縮してしまっている場合は、骨造成や骨移植などの手術を併用します。しかしながら、骨の質が硬すぎる、あるは軟らかすぎる場合は、埋入後のインプラントが抜け落ちてしまうというリスクがあます。骨の質は個人差があり、精密検査ですべてを把握することができない場合もございます。当院では安心して治療を受けていただくために、リスクや副作用の詳細説明と、具体的な治療計画をご説明しております。
  • メンテナンス
    インプラント自体は虫歯になることはありませんが、支える歯肉は歯磨きなどのケアを怠ると歯周病のように炎症を起こし、やがて顎骨まで溶けてしまう場合がございます。このような症状をインプラント周囲炎といい、重度に悪化すると、インプラントが抜け落ちてしまいます。インプラント周囲炎を防ぐため、治療中や治療後に毎日ご自宅で正しい口腔ケアを続け、治療完了後も定期的に通院してメインテナンスやクリーニングを受け、良好な状態を維持していただく必要があります。噛み合わせも日々変化し、治療当時の状態が続くわけではないので、当院では治療後も定期的に噛み合わせのチェックを実施しています。

※掲載されている症例はすべて、当院で治療を完了し、サイト掲載の許可をいただいた患者さまのものです。症例写真はトリミング(切り抜き)などを除き、画像の加工等は行っていません。治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、ほかの方への治療結果を保証するものではありません。

お問い合わせ

日曜祝日も診療可能!無料カウンセリングはお気軽にお問い合わせください。

top