症例紹介|福岡市博多区博多駅前【インプラント】デンタルチームジャパン

症例紹介|福岡市博多区博多駅前【インプラント】

CASES

症例紹介

前歯部欠損症例

前歯は見た目が重要です。

前歯によってお顔の印象がまったく違ってきます。
前歯をインプラント治療で綺麗に仕上げるためには、以下のような事が重要です。

  • ・正しい位置にインプラントを埋入する
  • ・インプラント周囲の歯肉を整える
  • ・色、形が周囲の歯と調和した人工歯をつくる

CASE 01

初診時
治療終了時

交通事故のため左上前歯を失ってしまった方です。幸いなことに骨の状態は良かったため、インプラント治療により歯があったときと変わらない状態に回復する事ができました。人工歯の色もまわりの歯の色と調和して自然な感じに仕上がりました。

CASE 02

初診時
治療終了時

虫歯のため歯を失った方です。となりの歯が健康な状態でしたので、となりの歯を守るためにもインプラント治療による修復が最適だと考えます。治療終了後のメインテナンスも良好で、周囲の歯の状態はむしろ初診時よりも綺麗になっています。

CASE 03

初診時
治療終了時

右上前歯は虫歯が深く歯根が割れてしまっていたので、抜歯後インプラントにて修復しました。左上前歯は神経を失ってしまっていて歯の色が変色していたので、ホワイトニングにより歯を削る事なく色を改善しました。

CASE 04

初診時
治療終了時

重度の歯周病により歯ぐきや骨が著しく吸収した部位へのインプラント治療です。 非常に難しいケースですが再生治療を併用することにより自然な感じに回復できました

CASE 05

初診時
治療終了時

重度の歯周病により歯ぐきや骨が著しく吸収した部位へのインプラント治療です。骨が著しく吸収していたためGBRによる骨再生治療を併用してインプラントを埋入しました。さらに歯肉移植をおこない、見た目を自然な感じに回復することができました。

CASE 06

初診時
治療終了時

左上の犬歯が先天的に欠如していた方です。前後の歯が健康な状態なのでインプラント治療が最適です。 前後の歯を削ることなく、自然な感じに回復できました。 骨の状態が良かったため即時荷重治療(手術と同時に歯をつくる方法)を行いました。

CASE 07

初診時
治療終了時

重度の歯周病により歯ぐきや骨が著しく吸収した部位へのインプラント治療です。非常に難しいケースですが再生治療を併用することにより自然な感じに回復できました。 このケースでは患者様の血液からつくったCGFのみを使用した再生治療を行いました。

CASE 08

初診時
治療終了時

重度の歯周病により骨が著しく細くなった部位へのインプラント治療です。GBRによる骨再生治療を併用して顎骨の幅を増やしてインプラントを埋入しました。

臼歯部欠損症例

臼歯はとても大きな力がかかる部分なので
正しい位置にインプラントを埋入することが重要です。

臼歯はとても大きな力がかかる部分なので正しい位置にインプラントを埋入することが重要です。
また、インプラント周囲の歯肉をコントロールすることにより
食べ物がつまりにくい仕上がりになります。

CASE 01

初診時
治療終了時

臼歯1歯欠損をインプラントで修復しました。デジタル機器を使いコンピュータで理想的な歯の形態を設計したため、歯ぐきに隙間が出来る事なく修復できました。ジルコニア製の歯は歯ぐきとの相性が良く、良好な状態が保たれています。

CASE 02

初診時
治療終了時

下顎臼歯部3歯欠損をインプラント3本で修復しました。人工歯を連結せずに修復できたため自分の歯に近い状態になり清掃性が良好です。

CASE 03

初診時
治療終了時

下顎臼歯部4歯欠損をインプラント4本で修復しました。人工歯を連結せずに修復できたため自分の歯に近い状態になり清掃性が良好です。 (右上臼歯部はサイナスリフトを併用し、4歯欠損を3本のインプラントで修復しています。)

CASE 04

初診時
治療終了時

右上臼歯部はサイナスリフトを併用し、3歯欠損を3本のインプラントで修復しました。下顎臼歯部4歯欠損をインプラント4本で修復しました。人工歯を連結せずに修復できたため自分の歯に近い状態になり清掃性が良好です。

CASE 05

初診時
治療終了時

下顎両側臼歯欠損部をインプラント6本埋入して修復しました。顎の骨がやせて顎堤が細くなっていたため、再生治療で顎堤幅を増大させてインプラント埋入をしました。

CASE 06

初診時
治療終了時

右上と右下(写真では向かって左側)は1歯に対し1本のインプラントを使って修復しました。左上(写真では向かって右側)は費用をおさえるため4本の歯を3本のインプラントを使って修復しました。

CASE 07

初診時
治療終了時

上顎5本の欠損歯を4本のインプラントで修復しました。骨が非常にうすかったため、サイナスリフトという再生治療を併用しました。

全顎的インプラント治療

全顎的インプラント治療は難度が高い治療です

正しい位置に、バランス良く、正しい角度でインプラントを埋入することが重要です。骨や歯肉がやせてしまっている場合は再生治療を併用する必要があります。 極度に歯肉がやせている場合は人工歯肉を使って見た目を回復することもあります。また、長期的にメインテナンスを行う為にスクリュー固定式上部構造にすることが理想的です。

CASE 01

初診時
治療終了時

上顎は状態が悪い歯を抜いて全ての歯をインプラントで修復しました。 下顎は両側奥歯をインプラントで修復しました。 骨の状態が良かったため上下とも即時荷重治療(手術と同時に歯をつくる方法)を行いました。

CASE 02

初診時
治療終了時

上下とも状態が悪い歯を抜歯してインプラント治療を行いました。全てのインプラントをバランス良く理想的な位置に埋入することができました。歯の色、形、歯並び、噛み合わせは仮歯を使いながら患者様と理想的な状態に仕上げていきます。現在では何でも食べられるようになったそうです。

CASE 03

初診時
治療終了時

全顎的に重度歯周病だったため、全ての歯を抜歯してインプラント治療を行いました。重度歯周病では歯ぐきや骨が著しくやせてしまっているため、 人工歯だけでなく人工歯肉を用いることにより理想的な歯並びに仕上げることができます。

CASE 04

初診時
治療終了時

上顎全ての歯と下顎両側臼歯をインプラントで修復しました。上顎は骨・歯ぐきがやせていたため人工歯肉を用いました。下顎も歯ぐきがやせていましたが、GBRという再生治療で回復できました。

CASE 05

初診時
治療終了時

上顎全ての歯をインプラントで修復しました。噛む力がとても強い方だったので、10本のインプラントを使って歯をつくりました。

全顎的インプラント治療

All - on - 4

All-on-4はポルトガルのPaulo Maloによって提唱された方法で、無歯顎に対し4本のインプラントをつかって固定性の上部構造を支える方法です。上顎洞・下歯槽神経を避けるために後方のインプラントは斜め30度に埋入する のが特徴です。日本口腔インプラント学会の治療指針では、無歯顎に固定性上部構造を装着するためには6~8本以上のインプラントを推奨していますが、顎骨や咬合力などの条件が整えばこの方法を用いることができます。

CASE 01

初診時
治療終了時

All-on-4という特殊な方法を用いて、上顎全ての歯を4本のインプラントで修復しました。

CASE 02

初診時
治療終了時

上顎はAll-on-4 + 2本で6本のインプラントで全ての歯を修復しました。下顎はAll-on-4で修復しました。上顎は骨が軟らかいため、6本以上のインプラントを用いる方が理想的とされています。

CASE 03

初診時
治療終了時

下顎はAll-on-4を用いましたが上顎は7本のインプラントを用い修復をおこないました。インプラントの数が多い方がより理想的な形態に修復可能です。

その他症例はこちらから

お問い合わせ

日曜祝日も診療可能!無料カウンセリングはお気軽にお問い合わせください。

top